葬儀のときのマナーや手配の方法を知っておこう

事前に相談しておこう

女の人

突然の親族の死に対して精神的な負担と共に行わなければならないのが葬儀です。そのため、葬儀の流れを事前に知っておくことも必要です。万が一の際には鶴見区にある葬儀社へ相談しておきましょう。最近では生前に自分の眠る場所を探したり、子供に負担を掛けないように自分の葬儀を行う場所を決めておく人もいます。将来喪主になる人は鶴見区の葬儀場に足を運んで、準備しておくべき内容を把握しておくと慌てずに済みます。病院でご臨終となった時、医師から死亡診断書を出してもらうのと同時に鶴見区の葬儀社へ連絡をします。すぐに寝台車で病院へ向かい、霊安室や安置させる場所まで搬送してくれます。安置場所は仏間や座敷が良く、北枕にして枕飾りを用意します。鶴見区の葬儀社では連絡をを受けた際、燭台や香炉を準備してくれます。葬儀の打ち合わせは喪主を中心に、形式や規模、場所を選定します。形式は故人が信仰していた宗派により異なります。仏式や神式、無宗教の場合もあります。場所は葬儀場以外にも自宅や寺院などで執り行うことができ、鶴見区の葬儀社がバックアップしてくれます。納棺の儀式では通夜の前に遺族がのみで行います。そして、通夜、告別式を滞りなく行います。弔電や供物、供花の対応や僧侶との打ち合わせに立ち会ってもらい、細かな点を教えてもらいます。心の負担を負ったまま行う儀式ですが、困った時ほど専門の業者に相談して満足のいく最期の別れにしていきたいものです。